育毛と発毛のメカニズム

髪の毛は、毛幹部と、頭皮の中にある毛根部のふたつに分けられます。
毛幹部には、毛髄質が中央にあり、そのまわりに毛皮質があります。
そして、キューティクルが表面を覆っています。
発毛において重要なのは、毛根部です。
毛根は、深い方が良いとされています。
毛根が浅いと、毛が簡単に抜けやすくなってしまったり、健やかな毛が育ちにくくなるからです。
毛根部にある毛母細胞では、髪の毛が作られます。
また、毛母細胞では、手包という組織が作られ、育毛の過程で重要なポイントです。
毛母細胞の中心にある毛乳頭は、毛細血管を通して、髪の毛に栄養分をはじめ、酸素なども受け取る役割をしています。
そして、細胞分裂を行なって角化していくことで髪の毛となっていきます。
また、髪の毛は3年から7年ほどの周期で、日々脱毛と発毛をしています。
ヘアサイクルと呼ばれています。
一般的に、一日に50本から60本の髪の毛が抜けるとされています。
血行不良やストレス、また、ホルモンバランスの乱れなどによってヘアサイクルは乱れてしまいます。
ヘアサイクルが乱れて毛の量が気になった場合には、プロスカーが効果を発揮します。
プロスカーは、フィナステリドを1錠あたり5ミリグラム配合しており、男性型脱毛症に働きかけることができます。
男性ホルモンの生成をプロスカーは抑えることができる仕組みとなっています。
また、プロスカーは、価格が安いため、続けやすいのも魅力のひとつとなっています。
生え際にも効果的に働きかけることができます。
もともとプロスカーは、前立腺肥大による排尿困難や、排尿痛などの症状を抑える薬として用いられていました。
そのため、医療機関で処方をしてもらうことをおすすめします。